Hatena::Groupcatalyst

LAPISLAZULI HILL#Catalyst このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-11-10

[][][]テンプレート内でのurl生成 テンプレート内でのurl生成 - LAPISLAZULI HILL#Catalyst を含むブックマーク はてなブックマーク - テンプレート内でのurl生成 - LAPISLAZULI HILL#Catalyst テンプレート内でのurl生成 - LAPISLAZULI HILL#Catalyst のブックマークコメント

やはり$c->uri_forを使う.path_info用にURLを生成する場合,続けて _ val.val1などとする.TTでは'_'が文字列の連結('.'といっしょ)

[% Catalyst.uri_for('delete/') _ book.id %]

[][]アプリケーション内のurl生成 アプリケーション内のurl生成 - LAPISLAZULI HILL#Catalyst を含むブックマーク はてなブックマーク - アプリケーション内のurl生成 - LAPISLAZULI HILL#Catalyst アプリケーション内のurl生成 - LAPISLAZULI HILL#Catalyst のブックマークコメント

$c->uri_forを使用する

my $hogeurl = $c->uri_for('hoge/');

[][]Path_infoの取得 Path_infoの取得 - LAPISLAZULI HILL#Catalyst を含むブックマーク はてなブックマーク - Path_infoの取得 - LAPISLAZULI HILL#Catalyst Path_infoの取得 - LAPISLAZULI HILL#Catalyst のブックマークコメント

$c->req->argumentsから取得しなくても,いつもの$self, $cのあとに変数を指定しておけばそこにセットされる

sub url_create : Local {
    my ($self, $c, $title, $rating, $author_id) = @_;
}

[]DBICのデバッグ DBICのデバッグ - LAPISLAZULI HILL#Catalyst を含むブックマーク はてなブックマーク - DBICのデバッグ - LAPISLAZULI HILL#Catalyst DBICのデバッグ - LAPISLAZULI HILL#Catalyst のブックマークコメント

DBIC_TRACE=1としてからサーバを実行するとSQLのDumpを吐くようになる

sh系の場合

% export DBIC_TRACE=1
% ./script/myapp_server.pl

[]いまさらながらCatalyst::Manual::Tutorial いまさらながらCatalyst::Manual::Tutorial - LAPISLAZULI HILL#Catalyst を含むブックマーク はてなブックマーク - いまさらながらCatalyst::Manual::Tutorial - LAPISLAZULI HILL#Catalyst いまさらながらCatalyst::Manual::Tutorial - LAPISLAZULI HILL#Catalyst のブックマークコメント

no title

日本語とか特に考慮されてないんだけど,やっぱりやってみようかと

  1. Introduction
  2. Catalyst Basics
  3. Basic CRUD
  4. Authentication
  5. Authorization
  6. Debugging
  7. Testing
  8. AdvancedCRUD
  9. Appendices

(11/14 17:09)なんとなく終了.これに日本語を扱う場合の情報が付いたものがあれば良い感じ.

[]DBIx::Class::Relationship DBIx::Class::Relationship - LAPISLAZULI HILL#Catalyst を含むブックマーク はてなブックマーク - DBIx::Class::Relationship - LAPISLAZULI HILL#Catalyst DBIx::Class::Relationship - LAPISLAZULI HILL#Catalyst のブックマークコメント

トラックバック - http://catalyst.g.hatena.ne.jp/lapis25/20061110