Hatena::Groupcatalyst

masaki@catalyst RSSフィード

Fork me on GitHub
 | 

2008-04-22

Catalyst Conference #1

| 02:17 | Catalyst Conference #1 - masaki@catalyst を含むブックマーク はてなブックマーク - Catalyst Conference #1 - masaki@catalyst Catalyst Conference #1 - masaki@catalyst のブックマークコメント

Catalyst REST Practice #1 ってタイトルで発表してきました.資料はこちらからどうぞ.

http://svn.coderepos.org/share/docs/masaki/catalystcon1/roa_and_catalyst.html

ちなみにプレゼンツールは S6 使わせてもらっていて,スライド作成は,はてな記法をパースして S6 とマージして出力する Catalyst アプリでやってました.

今回は ROA の話から初めて,それを実際に実現するためには Catalyst でどんなことすればいいか,と感じの話をしました.ROA のキモは個人的にリソースモデリングだと思っているので,リソース設計ができればそれを URI として具現化する機構があればよくて,それを Controller::Resources で実現しますよ,というコンセプトが今日言いたかった最後のまとめです.

リソースの表現と絡めて,Platonic/Distinct URIs と Content Negotiation による View の選択とか,同じアクションだけど View だけ切り替えて DRY にしよう,というようなネタもあるのだけど,それは次回があると期待して今回はやめました.実際そんな話入れる時間がなかったんだけども.

多分 Controller::Resources を使って適切なリソース URI 設計と HTTP メソッドの使い分けをした上で,上記 View の選択まわりの仕組みを入れ込むと,普通に ROA に従った Catalyst アプリケーションができると思います.

トラックバック - http://catalyst.g.hatena.ne.jp/ikasam_a/20080422
 |