Hatena::Groupcatalyst

dann@catalyst このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-03-30

DBIC事始め

01:43 |  DBIC事始め - dann@catalyst を含むブックマーク はてなブックマーク -  DBIC事始め - dann@catalyst  DBIC事始め - dann@catalyst のブックマークコメント

DBIC周りの話は何点か有益な話を聞いた気がするんだけど、自分が理解してないから聞いてるだけだったなぁと。何というか話すコンテキストを共有するためには、もうちょっと内部まで理解してないとなかなかつっこめないし、有益な情報も全く理解できないで終わっちゃう。こういうのは、とても勿体なかったなぁと。

id:ZIGOROuさんの記事をざっと読んで、コードを読み始めよう。

http://d.hatena.ne.jp/ZIGOROu/20080328/1206695347

http://d.hatena.ne.jp/ZIGOROu/20080324/1206356215

DBICでトランザクション管理を楽に

01:11 |  DBICでトランザクション管理を楽に - dann@catalyst を含むブックマーク はてなブックマーク -  DBICでトランザクション管理を楽に - dann@catalyst  DBICでトランザクション管理を楽に - dann@catalyst のブックマークコメント

http://svn.art-code.org/public/perl/DBIx-Class-Service/trunk/

zigorou++

あとでゆっくり読ませてもらいまーす。あざーっす。

読んでみた!

http://svn.art-code.org/public/perl/DBIx-Class-Service/trunk/lib/DBIx/Class/ServiceManager.pm

Perlだと、こうやって動的にクラスを生成することもできるんだなぁ。なるほど。EJBとかみたいにDeployment時にProxy生成するのにイメージは近いなぁ。

AUTOLOADでディスパッチングするときにはさみことかしか思いつかなかったけど、こういう方法もあるんだなぁと。他でも応用が利きそうなテクニックだなぁ。

vim中からprove

00:47 |  vim中からprove - dann@catalyst を含むブックマーク はてなブックマーク -  vim中からprove - dann@catalyst  vim中からprove - dann@catalyst のブックマークコメント

vimのautochdirでカレントのディレクトリを移動するようにすると、*.tファイルを開いたときにそのディレクトリに移動してしまって、vim上からprove実行するときにどうすればいいのかがよくわからない。

アプリケーションのルートを環境変数にいれておけば、proveをするのは簡単。だけど、何か解決方法が間違っているような気もする。というのは、vim自身が起動した場所そのものを知っているような気がするから。

helpで何を検索していいのかがよくわからない。ググり方が悪いのかなぁ...

しょうがないからsuspendしてから、prove -lvでテストやってるんだけど、少し効率悪いかなぁと。

Catalystに依存しないDBICのモデル

00:29 |  Catalystに依存しないDBICのモデル - dann@catalyst を含むブックマーク はてなブックマーク -  Catalystに依存しないDBICのモデル - dann@catalyst  Catalystに依存しないDBICのモデル - dann@catalyst のブックマークコメント

compose_namespace使えばすごい綺麗にかけるんじゃないかと思った。これもあとで。

OpenIDのベストプラクティス

| 00:23 |  OpenIDのベストプラクティス - dann@catalyst を含むブックマーク はてなブックマーク -  OpenIDのベストプラクティス - dann@catalyst  OpenIDのベストプラクティス - dann@catalyst のブックマークコメント

昨日の飲み会でZIGOROuさんから聞いて、なんだか少しわかった気がすると思ったけど今日になったら忘れてる... Blogに是非書いてほしい!

一つだけ印象的で記憶に残っているのは、「IDがURLになるというのが重要」ということ。SocialGraphのような繋がりもURLで表現できるようになるかもしれないし、何か広がりがありそう。

IDがURLになることで、そのURLにアクセスすればその人の情報やり、人の繋がりだったり、連絡手段だったり、連絡手段だけでなく何らかのほうほうで直接連絡する方法だったりと、色々と広がりがでるのかもしれない。

OpenIDでシングルサインオン」ができるいうこと自体には、利用者側からみるとさほど魅力があるとは思えないなぁと思っていたけれど、IDがURLで表現されることで広がる世界は面白そうだなぁと思った。

全部、日記に書いてあるよ!と突っ込まれたので、もう一回読んでみよっと。

Migration

| 00:12 |  Migration - dann@catalyst を含むブックマーク はてなブックマーク -  Migration - dann@catalyst  Migration - dann@catalyst のブックマークコメント

http://search.cpan.org/dist/DBIx-Class/lib/DBIx/Class/Schema/Versioned.pm

多分、これがActive::RecordのMigrationに対応するものになっていくんだろうという話。ただ、誰もまだ使ってないといってた。

Catalyst->DBIC

22:41 |  Catalyst->DBIC - dann@catalyst を含むブックマーク はてなブックマーク -  Catalyst->DBIC - dann@catalyst  Catalyst->DBIC - dann@catalyst のブックマークコメント

これからは、DBICのほうを使えるようにコード読んでいくことにする。

catsetupをCodeReposに移動した

15:13 |  catsetupをCodeReposに移動した - dann@catalyst を含むブックマーク はてなブックマーク -  catsetupをCodeReposに移動した - dann@catalyst  catsetupをCodeReposに移動した - dann@catalyst のブックマークコメント

スクリプト

http://coderepos.org/share/browser/lang/perl/misc/catstarter/dann/catsetup.pl

設定ファイルやテンプレート

http://coderepos.org/share/browser/lang/perl/misc/catstarter/dann/sample

設定ファイルやtemplateもsampleとしていれた。まだ、templateのできはいまいちだけど。

ZIGOROuZIGOROu 2008/03/31 16:20 今度、どこかしらに網羅的に分かりやすいエントリ挙げますー > OpenID

danndann 2008/03/31 17:56 おぉ。多分、みんな知りたいんじゃないかと!楽しみにしてます。

ゲスト



トラックバック - http://catalyst.g.hatena.ne.jp/dann/20080330